東京JAPAN税理士法人

川崎市・横浜市・東京都の税理士事務所・会計事務所なら東京JAPAN税理士法人 お問い合わせ

新百合ヶ丘駅 徒歩1分

JR新宿駅西口 徒歩6分

個人事業者の確定申告

確定申告相談、随時承っております。お気軽にご連絡下さい。

所得税は、1年間(1月1日から12月31日まで)の所得の金額を翌年の確定申告期間(2月16日から3月15日まで)に申告し、納税することになっています。

青色申告のすすめ

青色申告とは?

青色申告をすることができる方は、不動産所得、事業所得、山林所得のある方です。青色申告をしようとする方は、その年の3月15日までに青色申告承認申請書を税務署に提出することが必要になります。その年の1月16日以後に新たに開業した方は、開業の日から2ヶ月以内に申請すればよいことになっています。

青色申告者の帳簿青色申告とは?

青色申告者は、原則として正規の簿記(複式簿記)により記帳を行わなければなりません。ただし、下記の簡易帳簿で記帳してもよいことになっています。

簡易帳簿:現金出納帳、経費帳、売掛帳、買掛帳、固定資産台帳

青色申告者の特典

  1. 青色申告特別控除
    取引を正規の簿記の原則に従って記録し、それに基づいて作成した一定の書類を申告書に添付する場合には65万円、簡易簿記による場合など10万円を所得金額から控除することができます。
  2. 色事業専従者給与の必要経費算入
    事業に専ら従事している親族に支払った専従者給与は、届出をすることにより、必要経費とすることができます。
  3. 損失の繰越
    純損失が生じたときは、その損失額を翌年以後3年間にわたり繰り越すことができます。

青色申告者については、一定の要件を備えた帳簿を備え付け、記録し、書類を保存するよう定められていますが、白色申告者についても、一定の方に対して記帳制度や記録保存制度などが設けられています。
もっと詳しく知りたい方は、お気軽にご連絡ください。



ページトップへ

お問い合わせ

google サイト内を検索 WWW を検索

東京JAPAN税理士法人

お問い合わせ

新百合ヶ丘事務所

JR新宿事務所