東京JAPAN税理士法人

川崎市・横浜市・東京都の税理士事務所・会計事務所なら東京JAPAN税理士法人 お問い合わせ

新百合ヶ丘駅 徒歩1分

JR新宿駅西口 徒歩6分

医療費控除のみの方

医療費控除とは?

納税者本人や生計を一にする親族のために医療費を支払った場合に、次の算式によって計算した金額を所得から控除することができます。

その年中に支払った医療費 - 保険金などで補填される金額 = A
A-10万円又は所得金額の5% = 医療費控除額
   (どちらか少ない額)   (最高200万円)

※保険金などで補填される金額とは、支払医療費の内健康保険組合等から支給される療養費、出産育児一時金などの給付金、生命保険契約などの医療保険金、入院費給付金などです。


医療費とは?

医療費控除の対象となる医療費は、主に下記のようなものをいいます。

  1. 診察代
  2. 治療に必要な医療品の購入代
  3. 出産費用
  4. 治療のためのマッサージ料
  5. 通院のための交通費(電車・バス代)
  6. 医師による証明書が発行されたおむつに
    係る費用
  7. 介護保険による居宅サービスの利用料など

次のような費用は医療費になりません。

  1. 医師等に対する謝礼
  2. 健康診断や美容整形の費用
  3. 疾病予防や健康増進などのための医薬品や健康食品の購入
  4. 親族に支払う療養上の世話費用
  5. 治療を受けるために必要としない近視、遠視のためのメガネや補聴器等の購入
  6. 通院のための自家用車のガソリン代、駐車場代、分娩のため実家へ帰るための交通費

※医療費控除を受けるためには、医師などが発行した領収書等を確定申告書に添付するか、確定申告書の提出の際に提示する必要があります。医療費の領収書等の税務署保存期間は1年です。
後日、医療費の領収書が必要となる方は、申告書に添付せずに提出の際提示してください。
(郵送申告の場合は、医療費領収書等の返戻希望の旨の書面と返信用封筒を同封する)
医療費は、実際に支払ったものに限って控除の対象となります。
未払の医療費は実際に支払った年の医療費控除の対象になります。

更に詳細に知りたい方、お気軽にご相談下さい。


ページトップへ

お問い合わせ

google サイト内を検索 WWW を検索

東京JAPAN税理士法人

お問い合わせ

新百合ヶ丘事務所

JR新宿事務所