東京JAPAN税理士法人

川崎市・横浜市・東京都の税理士事務所・会計事務所なら東京JAPAN税理士法人 お問い合わせ

新百合ヶ丘駅 徒歩1分

JR新宿駅西口 徒歩6分

税務訴訟支援

東京JAPAN税理士法人では、皆様の税務訴訟を支援致します。

現在、税理士を活用する範囲が広がっております。
法改正により、税理士が税務に関する裁判において、弁護士である訴訟代理人と共に裁判所に出頭し「補佐人」として陳述できるようになりました。
この際、以前は必要だった裁判所の許可も必要なくなりました。訴訟をお考えの際には、東京JAPAN税理士法人の税理士をご活用下さい。

税理士補佐人制度の概要

「税理士補佐人制度」とは

税理士補佐人制度とは、税理士が、租税に関する事項について、裁判所の許可を必要とせず、裁判所において「補佐人」として弁護士である訴訟代理人とともに出廷し陳述できることとする制度を言います(税理士法2条の2 I)。

「補佐人」とは

「補佐人」とは、当事者または代理人とともに裁判所に出頭し、これらの者の陳述を補足する者をいいます(民事訴訟法60条)。「補佐人」は、自己の意思に基づいて訴訟上の陳述をし、その効果が本人に帰属するため、その性質は代理人の一種であるといわれています。

補佐人のした陳述は、当事者又は訴訟代理人がそれを直ちに取消しまたは更正しない限り、その効果が本人に及ぶこととなります(税理士法2条の2 II)


ページトップへ

お問い合わせ

google サイト内を検索 WWW を検索

東京JAPAN税理士法人

お問い合わせ

新百合ヶ丘事務所

JR新宿事務所